ニュース & メディア

荏原の社員食堂が厚生労働大臣表彰を受賞

2017.10.23
株式会社荏原製作所

本社ビル食堂の様子

 荏原製作所(以下:荏原)の本社ビル食堂が、「平成29年度栄養関係功労者に対する厚生労働大臣表彰」※1を受賞しました。病院や福祉施設の給食施設が受賞の大半を占める中、企業の社員食堂受賞は二年ぶりになります。

 受賞のポイントは次の通りです。

1 . 会社側と給食施設側の双方に管理栄養士が複数在籍し、綿密な連携の基に給食運営がなされていること
2 . 健康管理部門と連携し、2014年度より全社を挙げて「eランチ」と名付けた食生活改善施策を始めたこと
3 . イントラや精算システムを通した栄養情報の利用者への開示、社内イントラやポスターなどの媒体を用いて食コラムや旬の食材等を毎月発信していること
4 . Table For Two※2を取り入れ、健康増進と社会貢献活動に同時に取り組んでいること

 荏原は、従業員の健康増進への取り組みを積極的に行っており、2016年に「DBJ健康格付」※3最高ランクを取得、2017年には「健康経営優良法人2017(ホワイト500)」※4に認定されています。従業員の心身の健康は、生産性向上および活気ある職場づくりにつながる企業の重要な基盤と捉え、今後も、従業員の健康増進のための取り組みを積極的に推進して参ります。

※1 「栄養関係功労者に対する厚生労働大臣表彰」
多年にわたり栄養改善に尽力し、その功績が特に顕著であると認められる者及び特に他の模範と認められる優良な特定給食施設が表彰される。今年度は全国より100名弱の功労者と20の施設が受賞
※2 Table For Two
TABLE FOR TWO Internationalが実施する開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、日本発の社会貢献運動。荏原では、「ヘルシーなランチ1食ごとに20円を開発途上国の子どもの給食1食分として寄付しています。
※3 「DBJ健康格付」
「DBJ 健康経営格付」融資は、DBJが開発した独自のシステムにより、従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価し、その評価に応じて融資条件を設定するもの
※4 「健康経営優良法人2017(ホワイト500)」
経済産業省と日本健康会議が共同で進める「健康経営認定制度」において、優良な健康経営を実践している大規模法人を顕彰するもの