ニュース & メディア

所沢市西部クリーンセンター長期包括運営業務委託の運営を開始

2018.08.03
株式会社荏原製作所
荏原環境プラント株式会社

 当社グループの荏原環境プラント株式会社(社長:大井 敦夫、本社:東京都大田区)は、所沢市(埼玉県)より受注しました「所沢市西部クリーンセンター長期包括運営業務委託」の運営を2018年4月より開始いたしました。

 本事業は、焼却施設・容器包装プラスチック処理施設等からなる既存の一般廃棄物施設を、14年間に亘り包括的に運営するものです。本施設の基本性能を適切に発揮させ、ごみを適正に処理するとともに、民間企業の提案による創意工夫のもと効率的な運転維持管理を行うことを目的としています。

 荏原グループは、安全安心な運営維持管理を実施するとともに、地域経済への貢献及び地域活性化、安定性や継続性を重視した事業運営を基本方針として、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

「所沢市西部クリーンセンター」外観
事業概要
発注者 :埼玉県 所沢市(藤本正人 市長)
施設名称 :所沢市西部クリーンセンター
施設規模 :焼却処理施設 [147t/日(73.5t/日×2基)]
 プラスチック処理施設 [20t/5h]
事業名称 :所沢市西部クリーンセンター長期包括運営業務委託
運営期間 :平成30年4月1日から平成44年3月31日まで
受注金額 :123.3億円(消費税相当額を含まず)