ニュース & メディア

東北農政局 下車力機場(青森)の改修工事を受注

2019.12.23
株式会社荏原製作所

 荏原製作所(以下:荏原)は平成27年~令和5年にわたる国営津軽北部二期農業水利事業の一環として、下車力機場(以下:機場)におけるポンプ設備改修工事を受注しましたのでお知らせします。

1. 背景と狙い
 本地区は、青森県の津軽平野北部に位置する広大な水田地帯です。水稲を中心に大豆、小麦、野菜等の生産も展開されています。この地域を支える主な揚排水機場は30年以上経過しているものが多く、近年、設備の経年的な劣化が見られます。今回のポンプ設備改修工事により、農業用水の安定供給や排水機能の維持、設備維持管理費の軽減が期待されています。

2. 概要
工事名称 津軽北部二期農業水利事業 下車力機場ポンプ設備改修工事
発注者 農林水産省 東北農政局
施工場所 青森県つがる市下車力町175-7
ポンプ諸元(抜粋) No.1、2主ポンプ 立軸斜流ポンプ(1650VZGE型)
φ1650 mm × 6.045 m3/s ✕5.5 m ✕ 449kW      2台
No.3 主ポンプ  横軸斜流ポンプ(1200HZGM型)
φ1200 mm×3.33 m3/s ✕5.52 m ✕250kW       1台
No.4 主ポンプ  横軸斜流ポンプ(600HZM型)
φ600 mm×0.83 m3/s ✕ 5.8 m✕75kW         1台
工期 2019年10月~2023年3月

3. 今後の展開
 今回の改修工事により、本地区の農業生産性の向上と安定した農業経営に貢献します。荏原は、農業かんがい施設では国内トップの納入実績を持ち、現在も新設はもちろん更新や改造など多くのプロジェクトを遂行中です。これからもポンプ事業のトップメーカーとして、競争し挑戦するマインドでお客様の課題を解決し、安心できるインフラ設備の発展に貢献してまいります。

 荏原グループは、経営方針に基づいて企業価値の更なる向上を図るため中期経営計画とESG重要課題に取組み、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に寄与します。

効率的な水利用を促進する