ニュース & メディア

初の新卒10月入社を実施

2020年9月28日


 荏原製作所(以下:荏原)は、中期経営計画「E-Plan2022」における人的資源に係わる戦略として多様な人材の確保を掲げており、それが世界市場における持続的成長の前提条件と位置づけています。これに基づき、本年度、荏原では初となる新卒10月入社を実施します。

1.背景
 荏原は、2011年から海外の大学にて外国籍社員の本社採用に向けた活動を実施しています。一方で、海外からの留学生、海外へ留学する日本人学生が増加している背景から、日本の大学でも9月卒業の導入が進んでいます。この状況に鑑み、日本の一般的な卒業時期である3月に加えて10月に新卒入社を実施することで、グローバル市場での採用競争力を高め、多様な人材を採用する狙いがあります。

2.10月入社 新卒採用実績
 荏原としては初回である、本年の10月入社内定者は13名です。
 内訳:海外の大学卒業予定者9名
 日本の大学卒業予定の外国籍留学生3名と日本人1名

3.今後の展開
 荏原は多様な人材の獲得チャンスを広げるとともに、多様な人材がモチベーション高く働ける職場環境の実現を目指します。


 荏原グループは、長期ビジョンと中期経営計画に基づき、多様な社員の働き甲斐と働きやすさを向上することで人材活用を促進し、企業価値のさらなる向上を図っていきます。