ニュース & メディア

■■ 小型ファンに関する大切なお知らせ ■■

 空調や厨房の給排気などに小型ファンが使用されていることをご存知ですか?
そして、皆様が所有されている、或いは管理されているオフィスビル・病院・学校等の建屋に、それらの小型ファンがどこに設置され、ご使用開始から何年を経過しているかご存知ですか?

[ 弊社製小型ファンの日常点検・定期点検のお願い ]

■■  背景  ■■

 長期使用の家庭用電気製品の経年劣化による重大事故が発生し、テレビ・新聞等で報道されましたことを、ご記憶ですか。

 これを踏まえ経済産業省は、「長期使用製品安全表示制度」を創設(電気用品安全法の技術基準省令を改正)しました。本制度は2009年4月1日から施行され、扇風機・エアコン・換気扇・洗濯機・ブラウン管テレビの5品目が対象となりました。

 弊社小型ファンは、本制度の対象品目ではありませんが、製品は長期のご使用により何れ製品寿命を迎えます。弊社は、消費者の皆様(実際のご使用者、管理業者の皆様)が同様の事故に遭わぬよう、主に天井裏などに設置される小型ファン(通常は容易に点検できない機器)の点検を改めてお願いすることと致しました。
ファンの製品寿命の目安は、消耗部品(ベルト・軸受等)を除き、ファン本体(ケーシング・羽根車)15年、電動機10年となっております。ご使用開始から15年を経過している小型ファンにつきましては、基本的に機器の更新をご提案申し上げます。15年を経過してない場合でも、経年劣化による事故を未然に防止するため、点検をお願い申し上げます。

■■ ご使用者、管理業者の皆様へのお願い ■■

 弊社小型ファンも、家庭用電気製品と同様に、電動機などの電気部品の経年劣化・老朽化により発煙、最悪の場合には発火に至る可能性があります。以下の「小型ファン点検確認の要領」に従い、対象製品の点検実施、もしくは弊社に定期点検をご用命ください。
 「小型ファン点検確認の要領」は、ご使用者様用の簡易点検と設備のメンテナンスをご担当されておりますメンテナンス業者様用の2種類を用意しております。