企業倫理

「腐敗防止プログラムについて」を更新いたしました

代表執行役社長による宣言

2015年6月24日

腐敗防止プログラムについて

株式会社 荏原製作所
代表執行役社長 前田 東一

 荏原グループは、「荏原グループCSR方針」に基づき、高い倫理観を持った事業の遂行と大切な皆様との信頼関係の構築を基盤とする事業活動を行ってきました。2012年に制定した当グループの「腐敗防止プログラム」も、その一環として、国内外での展開を行っています。
 ここに改めて、贈収賄の禁止、公正かつ自由な競争の促進、反社会的勢力との関係遮断など、腐敗防止に対する荏原グループの基本姿勢を表明し、これを厳守していくことを宣言します。

1 . 荏原グループの役員・従業員は、関係法令及び社内規程を含む腐敗防止プログ ラムを遵守し、公正さ、誠実さ及び透明性を以て事業活動を推進します。
2 . 荏原グループは、役員・従業員が関係法令及び社内規程に違反する行為を行った場合、違反行為者に対し、社内ルールに従った厳正な処分を課します。また、腐敗防止に対する取組が不十分と認められる取引先などについても、当社との取引停止を含めた厳しい対応で臨みます。
3 . 荏原グループの経営トップは、率先垂範して腐敗防止プログラムを実践するとともに、社内外に対して積極的にメッセージを発信し、腐敗防止プログラムの周知徹底に強いリーダーシップを発揮します。また、社内において、腐敗行為が発生した場合、経営トップ自ら率先して問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。
4 . 荏原グループは、公正さ、誠実さ及び透明性のある事業活動の遂行により社会、顧客、ビジネスパートナー等のステークホルダーから得られる信用・信頼こそが、かけがえのない財産であることを認識しています。
5 . 荏原グループは腐敗防止プログラムに基づき、定期的な社内研修、規程類の見直しや遵守状況のレビューなどにより、腐敗防止の徹底を図ります。