CSR

高い倫理観をもって事業を行い、人々との信頼関係を築きながら、社会・環境の価値向上を目指します

社会貢献/社会福祉

社会貢献活動方針

 荏原グループは、事業活動を通じて社会に貢献することを企業理念に定めていますが、事業以外でもさまざまなコミュニケーションを通じて地域・社会の発展に貢献しています。

 これは、荏原グループは企業が地域や社会と積極的にコミュニケーションを図り、地域の課題解決やよりよい社会づくりに関わっていくことは、企業の重要な役割のひとつだと考えているからです。
 荏原グループではこの考えを更に推進するため、活動の軸となる社会貢献活動方針を制定しました。

【社会貢献活動方針】
 荏原は、事業フィールドである「水と空気と 環境」に係わる分野で「技術支援」と「教育支援」を軸とした社会貢献活動に取り組む

活動の基本的な考え方

 荏原グループでは、社会貢献活動方針に従い、以下の3つのテーマで社会貢献活動を展開しています。活動にあたっては、支援する団体や地域の方々とのコミュニケーションを通じて、変化する課題やニーズを把握しながら、常に改善を重ねています。

1 . 事業活動を活かす
100年を超える事業活動で培った技術・ノウハウは荏原グループの強みです。この強みを積極的に活用し、荏原らしい社会貢献活動を推進していきます。
2 . 人材を育てる
科学技術・環境・伝統・スポーツなど様々な活動を通じて次世代を担う人材の育成に貢献します。
3 . ニーズに応える
地域や社会の課題を的確に把握し、ニーズにあった貢献活動を推進していきます。

主な活動

事業活動を活かす

1: 畠山清二記念荏原基金 技術セミナー

 当社の「地域社会とともに生きる荏原」という理念のもと、「畠山清二記念荏原基金」を設立し、東南アジアを中心に、荏原グループが事業で培っていた技術や経験を世界中の地域社会の発展に役立てるため、無償の技術セミナーを開催しています。テーマは治水、排水、水道、灌漑など「インフラ整備に必要なポンプ技術」となっています。また近年は冷凍機技術に関連した技術セミナー開催の要望に応えるため、冷凍機技術セミナーも開催しています。

 さらに2015年より発展途上地域の大学の「研究・教育に使う最新のポンプが欲しいが予算がない」との声に応えるため、当社のポンプユニットおよびポンプのカットモデルを寄贈する活動を開始しました。

詳細は「畠山清二記念荏原基金」を参照下さい。

寄贈したポンプのカットモデル
セミナー風景

2: インターンシップ、工場見学・企業見学

荏原グループでは、事業への理解を深めていただくと共に次世代を担う人材の育成に貢献するため、小学生から一般の方々まで幅広くインターンシップ、工場見学・企業見学の受入れをしています。

工場見学
職場体験
2016年度 実績
インターンシップ 工場見学 企業見学
一般 2 336 -
児童・生徒・学生 63 906 2
220 1,242 2
合計(人数)
延べ人数
1,309
* インターンシップ
一定期間、実務の体験をします。数日間の短期インターンシップや、数か月間に及ぶ長期インターンシップなどがあります。

*工場見学・企業見学
事業説明、ポンプ等製品の仕組みの説明と共に、工場、職場の見学をします。

人材を育てる

1: 発明協会/青少年創造性開発育成事業との協働

荏原製作所賞 表彰風景

 当社では「青少年の創造性開発育成により、将来の科学技術を担う人材を育成し、もって我が国経済の発展に寄与する」という公益社団法人発明協会の青少年創造性開発育成事業の趣旨に賛同し、積極的に活動を支援しています。

 その一環として発明協会の主催する全日本少年少女チャレンジコンテストに特別協賛しています。このコンテストを通じて、全国の少年少女にモノづくりの楽しさ、チームワークの大切さ、豊かな発想力と具現力を身につけてもらい、ひいては将来の科学技術を担う人材に成長して欲しいと思っています。

公益社団法人発明協会

2: リケジョ(理系女子)支援

ミライリケジョ♡
モノづくりカフェ参加者

 「少子化による将来のモノづくりの担い手減少」という社会問題に対し、女性理工系学生を増やすことで課題解決に貢献するため、講談社Rikejoと共同で女子中高生にモノづくりで活躍する女性を知ってもらうイベント「ミライリケジョ ~モノづくりカフェ~」を開催しています。

 「モノづくり=男子の現場」ではなく、女性が活躍できるフィールドであることをこれからも発信していき、モノづくりの現場に対するイメージ向上を図る取組みとして、これからも継続していきます。

Rikejoサイト

ニーズに応える

1:地域のニーズに応える

①事業所納涼祭
 荏原グループでは、地域の一員として地域の皆様との交流も大切にしています。
 各事業所の納涼祭は、荏原グループ関係者の他に地域の皆様にもご参加いただき開催しています。

富津事務所
藤沢事務所
栃木事務所

②羽田ヴィッキーズ女子バスケットボールクラブへの支援
 荏原女子バスケットボールチーム「エバラヴィッキーズ」は、地域に密着したクラブチーム一般社団法人「羽田ヴィッキーズ女子バスケットボールクラブ」となりました。
 荏原製作所は、メインスポンサーとして羽田ヴィッキーズへの支援を通じ、地域のスポーツ文化の振興に貢献しています。

 羽田ヴィッキーズ

2:社会のニーズに応える

①アフリカ・アジアの子どもたちに給食を贈る活動
 あらたに本社および3つの工場の社員食堂で「社食で社会貢献」活動を実施しています。これはNPO法人「TABLE FOR TWO International」の「ヘルシーなランチ1食ごとに20円を開発途上国の子どもの給食1食分として寄附し、メタボに悩む先進国と、食料不足に苦しむ開発途上国の2つの課題を同時に解決する」という主旨に賛同して、「社員が手軽に参加できる社会貢献」として取り組んでいます。この活動は、学校給食として食料を支援することで子どもたちの就学率向上にも寄与しており、将来の国を背負う人材の育成にも結び付いています。

②被災地支援活動

第2回 復興支援マルシェ風景

 東日本大震災の被災地の産業支援を目的に、復興庁の被災者支援コーディネート事業からの要請を受けて、岩手県・宮城県・福島県の3県の特産品を販売する「復興支援マルシェ」を開催しています。
 震災復興には長い年月がかかるので荏原ではこれからも継続して東日本大震災の復興支援を続けて行きます。

3:従業員のニーズに応える

 従業員の「会社で手軽に社会に貢献したい」、「家族と一緒に社会貢献活動に取り組みたい」とのニーズに応えるため、社会貢献活動メニューを増やし、活動内容を充実させることで、社会貢献活動に取り組みやすい環境の整備を進めています。

 これは社会貢献活動が地域や社会の抱える課題の解決に貢献しているだけでなく、それに取り組んだ従業員一人ひとりが感じる「より良い社会や地域づくりに参加しているという達成感や充実感」が業務に向かうモチベーションややりがいによい影響を与えると考えているからです。
 荏原グループでは従業員が一人ひとりが業務のバランスを保ちながら積極的に社会貢献活動に参加しています。

①「水と空気と環境の森」環境保全活動
従業員の家族や子どもに「自然や環境保全に貢献する活動を行いたい」という要望に応えるため、神奈川県と連携し、「水と空気と環境の森」森林保全活動を実施しています。

②紛争・貧困地域の子どもたちに絵本を贈る活動
 「社会に役立つことをしたいが気軽に参加できる活動がない」・「小さな子どもと一緒に社会に役立ちたいが何をすればいいのか分からない」という従業員の声に応えるため、家庭でも行なえる社会貢献活動として「紛争・貧困地域の子どもたちに絵本を贈る活動」に取り組んでいます。

 この活動は、日本で出版されている絵本に、現地語の翻訳文を印刷したシールを貼り、子供たちが母国語で読める絵本として届けるものです。
 ご協力いただいた絵本は、現地の子供たちに楽しみを与えるだけではなく、読み書きを習得する助けにもなります。文字が読めることは、地雷などの危険回避や薬の誤用を防ぐなど、子供たちの命を守ることにも繋がっています。

環境保全活動風景
絵本を贈る活動風景