GLOBAL 世界のニーズに応え続ける、私たちの挑戦。 ≫ブラジル

私たちの挑戦の原動力は、会社と共に成長しようという願望。

Ebara Pumps South Americaの挑戦とは?

それは、「スピード納品」という課題に挑み、ブラジル市場No.1をめざすこと。

ここブラジルにおける農業は経済的にも成長分野であり、コーヒーやトウモロコシの生産量は世界の上位を占めている。かんがい技術に強いEbara Pumps South Americaにとっては最大の活躍の場であり、ブラジルの農業の発展の一翼を担っているという自負を持って、アグレッシブに事業活動に臨んでいる。

Ebara Pumps South Americaは、南米地域の深井戸用水中モータ・ポンプや陸上ポンプ製品の製造販売、アフターサービスを手がけており、Alexandre Lunardiniさんは、そこでSales Associate Directorとして、ブラジル市場No.1の地位を獲得するために、挑戦の精神を大事にしながら、日々、業務における課題解決に取り組んでいる。「ブラジルにおけるポンプ販売のトップを獲得するには、納期厳守が絶対条件だ。幅広い製品ラインナップを武器に、新たに3支店を増やし、迅速な納品を可能にするための“戦略的な在庫管理”を整備したんだ。」と真剣な眼差しで語ってくれた。続けて、「高品質と価格競争力のある“EBARA”ブランド製品を揃えている強みがあるので、競合よりも“迅速納品”の実現に力を注げば、ポンプ販売のトップの獲得は決して難しいことではないと思っている。」と力強く話してくれた。Alexandre Lunardiniさんの挑戦は果てしなく、ブラジル市場No.1の次の目標である「世界No.1」もすでに視野に入っている。

Ebara Pumps South Americaの挑戦を支えるものは何か?

そこには、創業から受け継がれてきた「熱と誠」の精神があった。

言葉では簡単だが、常に挑戦し続けることはとても難しい。それでも、挑戦し続ける、その原動力とは何かを聞いてみた。「会社と共に学び成長しようという願望を持っていることだ」と彼は即答した。その言葉には、グループ会社の一員として誇りを持ち、事業活動を通じてブラジルの生活を豊かにするために社会に貢献したいという強い想いが感じられる。Ebara Pumps South Americaの従業員には、日本本社の創業の精神である「熱と誠*」と、何事にも果敢に挑戦して現状より向上することを求める精神が根付いているのである。

農業以外には、給水設備、一般産業、建設、河川、雨水などさまざまな目的に合わせた製品を揃え、お客様の幅広いニーズに応えている。また、技術力や豊富な実績により採鉱、オイル&ガス市場などへの新たな市場参入の道も開けており、南米地域の海外拠点として、Ebara Pumps South Americaにはさらなる成長が期待されている。
*創業の精神「熱と誠」:与えられた仕事をただこなすのではなく、自ら創意工夫する熱意で取組み、誠心誠意これをやり遂げる心をもって仕事をすること。そして、何事も熱意と誠意をもって人に接すれば、相手に通じないことはない。と創業者自身が常に自身の行動の拠り所としたのに加え、従業員に対しても説き続けた言葉。

Ebara Pumps South America
南米地域の標準ポンプ(陸上・水中)の製造販売拠点
http://www.ebara.com.br/ebara/pt/index.php
http://www.thebe.com.br/