GLOBAL
世界のニーズに応え続ける、私たちの挑戦
サウジアラビア
経済・社会変革に取り組むサウジアラビアの未来に高品質のポンプで貢献 経済・社会変革に取り組むサウジアラビアの未来に高品質のポンプで貢献

「サウジ・ビジョン」に、インフラプロジェクトを通じて応える

サウジアラビアで2016年に公表された「サウジ・ビジョン2030」。これは、産業を石油中心のものから多角化させ、発展させる経済・社会改革に取り組む方針のこと。

私たちEBARA PUMPS SAUDI ARABIA LLC(以下、EBARAサウジアラビア)は、このサウジ・ビジョンに呼応して2016年にダンマンに設立された。EBARAでは、長年にわたってサウジアラビアに5,000台以上のポンプを納入してきたが、この拠点を通じて、お客様の要望にさらにタイムリーに応えることが可能となった。

サウジアラビアでは、水関連事業の需要が高い。私たちは、水電力省や地方自治体など政府当局による、さまざまな上下水利用や雨水利用に関するインフラプロジェクトに携わっている。

厳しいビジネス環境でも、高品質の製品で選ばれる存在に

私たちが提供するのは、完成までに2年~3年はかかる大規模なプロジェクトに向けた、水中ポンプやスプリットケース、エンドサクション、ブースタセットなど、専門技術を活かした製品だ。Amer Daghestaniは言う。

「最近では、東部地区のポンプ場に、1,300kWモーター付きのスプリットケースポンプ2台の契約を得ました。新たな都市の拡張という戦略的なプロジェクトがあり、そこにEBARAのポンプが貢献したのです。お客様に承認していただくため、仕様や価格の面で調整を行いました」

競合他社がうごめく激しいサウジアラビアのビジネス環境。そうした中でも、私たちがひときわ存在感を示すのには理由がある。お客様は言う。工場見学や実際のモノを通じて、EBARAのポンプの品質の高さを目の当たりにし、それが採用の決め手になったのだと。もちろん、私たちメンバーによる、プロジェクトのハンドリングの仕方も欠かせない。

“Made In Saudi Arabia”のポンプで、サウジアラビアの発展に貢献

EBARAサウジアラビアで展開するのは、公共系のプロジェクトのみではない。民間の商業施設などに向け、飲料水用、かんがい用ポンプ、HVAC(暖房・換気・空調)用冷却水ポンプ、そして、下水・排水ポンプを供給している。

また、ダンマンの拠点では、2017年にワークショップを開設。大型クレーンやさまざまな工作機械を設置しており、サウジアラビアに納入されているプロセスポンプや高圧ポンプ、大型ポンプを含むすべてのEBARA製品の修理・補修などが可能となった。

さらに、標準ポンプの製造も担うようになり、“Made In Saudi Arabia”の製品も供給できるようになっている。サウジ・ビジョンを目指してますます発展していくサウジアラビア。その人々の暮らしにEBARAのポンプは役立っている。

EBARA PUMPS SAUDI ARABIA LLC
サービス&サポート、ポンプのパッケージング・販売

ページTOPへ