GLOBAL
世界のニーズに応え続ける、私たちの挑戦
ベトナム
激化する価格競争に勝つためにベトナムで遂行される「製造イノベーション」とは? 激化する価格競争に勝つためにベトナムで遂行される「製造イノベーション」とは?

周辺各国の一大生産拠点、ベトナムの一翼を担う

現在、高い経済成長率を維持しているベトナム。政府は、来たる第4次産業革命に備えて、事業環境の向上や海外投資の誘致に努めており、いまや、ベトナムは、周辺各国の一大生産拠点となっている。

Ebara Vietnam Pump Company Limited(以下、EBARAベトナム)は、ハイズオン省に設置されて20年余り。交通の要所であり、さまざまな工場が進出する同省において、先駆的なグローバル企業のひとつに数えられている。

EBARAベトナムの役割。それは、ベトナム市場におけるEBARAグループ製品の供給とサービスの提供。そして、日本や東南アジアのEBARAグループ各社への大型ポンプの供給だ。

ポンプのカスタム製造でリードタイムをいかに短縮化するか?

「ベトナム国内向けの事業として、主に水処理施設や農業用揚排水など水関連向けのさまざまなポンプを供給しています。それは、横軸両吸込渦巻ポンプや立軸両吸込渦巻ポンプ、立軸斜流渦巻ポンプや立軸軸流渦巻ポンプ、そして、水中モータポンプといった製品です。お客様からの要望は多岐に渡るため、用途に応じてカスタマイズすることが求められます」と、副工場長のUong The Vinhは語る。

成長が著しく、多くのメーカーがしのぎを削るベトナムの市場では、カスタム製造であるが故に、熾烈を極める価格競争に巻き込まれかねない。通常の大量生産であれば、複数の工程をまとめるなどのコスト削減や効率化を図れるが、案件ごとに仕様や設計が異なるカスタム製造では、それが一切当てはまらないからだ。

「私たちがいまチャレンジしていること。それは、主要な製造ラインの生産時間を最小限に抑える『製造イノベーション』です。サプライチェーンから生産に至るまで、すべての工程のすべての手順で必要なリードタイムを短縮させる試みです」

品質向上にも取り組み、顧客満足度をさらに高める

スタッフから改善のアイデアを募り、新しい技術を試す。これにより、EBARAベトナムでは、いくつかの製造工程でかかるリードタイムを減らせるようになってきたところだ。

また「製造イノベーション」には、リードタイムの短縮化と同時に、製品の品質維持・向上に努めることも含まれている。日々のQA/QC(品質保証/品質管理)活動はもちろん、日本からスーパーバイザーを招き、新しい技術の習得に取り組んでいる。

「リードタイムの短縮と品質の維持・向上を同時に行うことは、かなり困難な目標です。ですが、達成できれば、お客様にはさらに満足していただくことができ、その成果は私たちにとっても実り多いものとなるはずです」(Uong The Vinh)

仕事に対して真摯で熱心なスタッフたちが、EBARAベトナムを、そして、ベトナムの未来を支えている。

Ebara Vietnam Pump Company Limited
ポンプの製造・販売・修理・メンテナンス・据付・コンサルティング業務
https://ebarapump.com.vn/en/

ページTOPへ