• 東京羽田ヴィッキーズ Vol.1
  • 東京羽田ヴィッキーズ Vol.2
SPORTS アスリートの挑戦も私たちの夢。 東京羽田ヴィッキーズ Vol.1

棟方公寿ヘッドコーチが語る「ヴィッキーズの今とこれから」

2017年から東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチとして、チームを率いる棟方公寿さん。

2018年度のシーズン開幕を目前にしたこの日、棟方ヘッドコーチが目指す“今の目標“と“ヴィッキーズの未来像”について語ってもらった。

試合中の東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチ

新人にこそ、どんどんチャレンジの場を!

ヴィッキーズは今年4人の新人を迎え、さらなる飛躍が期待されている。通常、新人はあまり試合に出してもらえないことが多いが、ヴィッキーズでは新人でもどんどん起用し、チャレンジの機会が与えられる。それは、棟方ヘッドコーチの“教えるよりも、自ら考えさせる”スタイルの表れだ。「若手には経験が必要です。経験を通して、自分自身で課題を見つけ、どうすれば課題がクリアできるかを考えてほしい」と、棟方ヘッドコーチ。

そんな棟方ヘッドコーチが特に大切にしているのが、全体練習後の自主練習だ。選手たちが各々に自身の課題と向き合う姿を見守り、時にアドバイスを送る。選手の側からも、棟方ヘッドコーチの元に意見を求めにやって来る。

「日頃から選手とのコミュニケーションを大切にして、選手が相談しやすい関係づくりを心がけています。練習のときは大きな声も出しますし、怖いコーチですが、コートを離れると選手たちと焼肉に行って酔っ払ったりする、普通のおじさん(笑)。そうやってオンとオフを大事にしています。」

人間力なくして競技力向上なし

棟方ヘッドコーチがチームを率いる上で座右の銘にしているのは、「人間力なくして競技力向上なし」。これは、味の素ナショナルトレーニングセンターに掲げてある言葉だ。

「選手たちにはバスケだけでなく、人間として道に外れることなく、成長していってほしいという願いがあります。その分、私自身も指導者として、人間力を磨かなくてはなりません。毎日、自分自身を振り返って“コーチとしてこれで良いのか”、“チームにとってのベストは何か”を考えるようにしています。」

指示を出している東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチ

今のヴィッキーズの課題は“速いバスケ”をすること

選手個人個人の課題とは別に、チームとしての課題もある。今、ヴィッキーズが取り組んでいるのは“速いバスケ”だ。

「先日のワールドカップで、日本代表チームがスピード感を武器にした“速いバスケ”で世界と戦っていました。最後、惜しくも負けてしまいましたが、“速いバスケ”が世界で通用することを証明してくれました。ヴィッキーズも高さで勝負するより、速さで戦っていきたいと思います。」

スピードの追求に加えて、もう一つ「フィニッシング・ストロング(最後までやり抜く)」もチームのスローガンだ。

「私自身の選手時代を振り返って言えるのは、この世界に無駄な努力は一つもないということ。失敗も必ず糧になります。努力を惜しまずチャレンジをして、最後までやり抜くことが大事。それを選手たちにも伝えたいですね。」

優勝の醍醐味を選手たちに味わわせてあげたい

最後に、ヴィッキーズの未来像について聞いた。

「ヴィッキーズは創部47年目であるがクラブチームとなってからは6年目、これから成長期を迎える若いチームです。だから今は、“勝敗だけに拘りたくない”という思いがあります。ひとつひとつ小さな成長を積み重ねて、1年後、2年後に大きく伸びていけたらいいですね。」

その一方で、最終目標は「リーグ優勝」と、あくまで高く見据える。棟方ヘッドコーチは現役時代、5度の優勝を経験している。その感動を選手たちにも味わわせてあげたいという思いが強い。

「頂点に立つ喜びは格別です。それまでの1年間の苦労がすべて報われるあの感覚。ほんの一瞬で消えてしまう喜びですが、何物にも変え難いものです。それを選手たちに味わわせてあげたい! そして、ヴィッキーズに関わる全ての人と、笑顔を共有するのが私の夢です。」

東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチのプロフィール画像
棟方公寿Munakata Koju

1989年、日本鉱業(現 JX金属)バスケットボール部に所属。1998年、トヨタ自動車ペイサーズ(現 アルバルク)に移籍。主将も務め、スーパーリーグ2001-02優勝。2度の年間ベスト5賞など個人タイトルも獲得し、スーパーリーグ2005-06優勝を花道に引退。その後、トヨタ自動車アルバルクをはじめ4チームのヘッドコーチを務め、2017年、東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチに就任。

SPORTS アスリートの挑戦も私たちの夢。 東京羽田ヴィッキーズ Vol.2

挑戦者たち この選手に注目! 〜 本橋菜子

東京羽田ヴィッキーズ初の日本代表に選ばれた本橋菜子。当初は戸惑いながらも、
6月のデビュー戦でチームトップの12アシストを決めるなど、持ち味を活かしたプレーで存在感を示した。

そんな彼女のチャレンジスピリッツと、代表戦で見えてきた新たな目標について語ってもらった。

試合中の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

夢の大舞台を勝利で飾った、世界デビュー戦

日本代表に呼ばれたとき、第一の感想は「まさか自分が⁉︎」だったという本橋。だが、すぐに「こんなチャンスは2度とない。せっかくならひとつでも多くのことを経験して、自分の成長に繋げよう!」と思い直した。

2018年6月8日に行われたチャイニーズ・タイペイとの国際強化試合では、“チームの司令塔”ともいわれるポイントガードとして活躍。初めての代表、初めての世界戦という、何もかもが初めて尽くしのデビュー戦にも関わらず、本橋はチーム最多の12アシストと、“世界の本橋、ここにあり”を印象付けた。

当時を振り返って本橋は、「最初は緊張していたのですが、ここまで来たら、やるしかない!と思い切ってやりました。体格の大きな選手と戦っても、自分はスピードで抜いていけると自信が付きました」と、笑顔を見せる。

本橋は身長164センチと、日本人選手の中でも小柄だ。ましてや世界の長身の選手と並ぶと、体格的に不利と言わざるを得ない。しかし、誰にも負けないスピードとフットワークが本橋にはある。

代表戦で見えてきた自身の課題

デビュー戦を華々しく勝利で飾り、最高の滑り出しを果たした本橋だが、その一方で、新たに見えてきた課題もある。

「私はドライブが得意なのですが、ドライブをしようと意識すると動きが止まってしまい、周囲の選手を活かすプレーが弱くなる部分があります。また、体の大きな選手をスピードで抜いても、後ろからブロックされてしまう場面が世界戦ではありました。そこで今、ドライブ・フィニッシュ*の技術を集中的に磨いています。」

この半年間、さまざまな相手やシチュエーションを想定して、ドライブ・フィニッシュの技を高めてきた。たとえば、ドライブでゴール下まで攻め込み、相手のディフェンスをかわして、バックシュートで決めるなどの動きを、体が覚えるまで叩き込む。この日の試合形式の練習の中でも、何度かドライブ・フィニッシュを決める本橋の姿があった。

ゴールを決める瞬間の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

ヴィッキーズのキャプテンとしての意識にも変化

代表チームで戦ったことで、ヴィッキーズのキャプテンとしての意識にも変化があった。

「チームとしてレベルアップしていくためには、あえて厳しい環境を作っていかなくてはならないのだと学びました。これまではヴィッキーズで何か気になることがあっても、“まあ、このくらい、いいか”と見過ごすことがありましたが、今はどんな小さなことも、きちんと伝えるようにしています」

チャレンジする課題があるってワクワクする!

「これまでは与えられた環境でできることをやればいいと思っていた」という本橋。だが、ここに来て向上心が芽生えてきたと話す。

「もっともっと先を見つめて、バスケだけでなく、人間としても成長していきたいですね。バスケでの目標は、やはり2020年の東京オリンピック出場です。夢が叶うように、できる努力は全部していきたいと思っています」

最後に、「本橋菜子にとってチャレンジとは」との問いを投げかけてみた。しばらく考えた後、彼女から出てきた答えは「ワクワクするもの」だった。「もっと上手くなりたい、もっと成長したいと思って前進していけるのって、ワクワクしませんか? まだまだ自分にはやるべきことがあるって、楽しいですよね!」

代表チームのメンバーの中でもまれることで、より逞しくなった本橋。世界での活躍はこれからが本番だ。

「失敗も楽しむつもりで、これからも頑張ります。自分自身どこまで大きく羽ばたけるか、楽しみです!」

東京羽田ヴィッキーズ女性選手のプロフィール画像
本橋菜子Motohashi Nako

明星学園高、早稲田大を経て、2016年、東京羽田ヴィッキーズに入団。明星学園高ではインターハイ3位に、早稲田大時代は2014年インカレ優勝(優秀選手賞、アシスト王)に貢献。東京羽田ヴィッキーズでは、2年目からキャプテンを任され、中心選手として活躍。2018バスケットW杯日本代表。