• 棟方公寿 ヘッドコーチ
  • 本橋菜子 選手
  • 平松飛鳥 選手
  • 小山真実 選手
  • 津村ゆり子 選手
SPORTS アスリートの挑戦も私たちの夢。 棟方公寿 ヘッドコーチ

棟方公寿ヘッドコーチが語る「ヴィッキーズの今とこれから」

2017年から東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチとして、チームを率いる棟方公寿さん。

2018年度のシーズン開幕を目前にしたこの日、棟方ヘッドコーチが目指す“今の目標“と“ヴィッキーズの未来像”について語ってもらった。

試合中の東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチ

新人にこそ、どんどんチャレンジの場を!

ヴィッキーズは今年4人の新人を迎え、さらなる飛躍が期待されている。通常、新人はあまり試合に出してもらえないことが多いが、ヴィッキーズでは新人でもどんどん起用し、チャレンジの機会が与えられる。それは、棟方ヘッドコーチの“教えるよりも、自ら考えさせる”スタイルの表れだ。「若手には経験が必要です。経験を通して、自分自身で課題を見つけ、どうすれば課題がクリアできるかを考えてほしい」と、棟方ヘッドコーチ。

そんな棟方ヘッドコーチが特に大切にしているのが、全体練習後の自主練習だ。選手たちが各々に自身の課題と向き合う姿を見守り、時にアドバイスを送る。選手の側からも、棟方ヘッドコーチの元に意見を求めにやって来る。

「日頃から選手とのコミュニケーションを大切にして、選手が相談しやすい関係づくりを心がけています。練習のときは大きな声も出しますし、怖いコーチですが、コートを離れると選手たちと焼肉に行って酔っ払ったりする、普通のおじさん(笑)。そうやってオンとオフを大事にしています。」

人間力なくして競技力向上なし

棟方ヘッドコーチがチームを率いる上で座右の銘にしているのは、「人間力なくして競技力向上なし」。これは、味の素ナショナルトレーニングセンターに掲げてある言葉だ。

「選手たちにはバスケだけでなく、人間として道に外れることなく、成長していってほしいという願いがあります。その分、私自身も指導者として、人間力を磨かなくてはなりません。毎日、自分自身を振り返って“コーチとしてこれで良いのか”、“チームにとってのベストは何か”を考えるようにしています。」

指示を出している東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチ

今のヴィッキーズの課題は“速いバスケ”をすること

選手個人個人の課題とは別に、チームとしての課題もある。今、ヴィッキーズが取り組んでいるのは“速いバスケ”だ。

「先日のワールドカップで、日本代表チームがスピード感を武器にした“速いバスケ”で世界と戦っていました。最後、惜しくも負けてしまいましたが、“速いバスケ”が世界で通用することを証明してくれました。ヴィッキーズも高さで勝負するより、速さで戦っていきたいと思います。」

スピードの追求に加えて、もう一つ「フィニッシング・ストロング(最後までやり抜く)」もチームのスローガンだ。

「私自身の選手時代を振り返って言えるのは、この世界に無駄な努力は一つもないということ。失敗も必ず糧になります。努力を惜しまずチャレンジをして、最後までやり抜くことが大事。それを選手たちにも伝えたいですね。」

優勝の醍醐味を選手たちに味わわせてあげたい

最後に、ヴィッキーズの未来像について聞いた。

「ヴィッキーズは創部47年目であるがクラブチームとなってからは6年目、これから成長期を迎える若いチームです。だから今は、“勝敗だけに拘りたくない”という思いがあります。ひとつひとつ小さな成長を積み重ねて、1年後、2年後に大きく伸びていけたらいいですね。」

その一方で、最終目標は「リーグ優勝」と、あくまで高く見据える。棟方ヘッドコーチは現役時代、5度の優勝を経験している。その感動を選手たちにも味わわせてあげたいという思いが強い。

「頂点に立つ喜びは格別です。それまでの1年間の苦労がすべて報われるあの感覚。ほんの一瞬で消えてしまう喜びですが、何物にも変え難いものです。それを選手たちに味わわせてあげたい! そして、ヴィッキーズに関わる全ての人と、笑顔を共有するのが私の夢です。」

東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチのプロフィール画像
棟方公寿Munakata Koju

1989年、日本鉱業(現 JX金属)バスケットボール部に所属。1998年、トヨタ自動車ペイサーズ(現 アルバルク)に移籍。主将も務め、スーパーリーグ2001-02優勝。2度の年間ベスト5賞など個人タイトルも獲得し、スーパーリーグ2005-06優勝を花道に引退。その後、トヨタ自動車アルバルクをはじめ4チームのヘッドコーチを務め、2017年、東京羽田ヴィッキーズのヘッドコーチに就任。

SPORTS アスリートの挑戦も私たちの夢。 東京羽田ヴィッキーズ 本橋菜子 選手

挑戦者たち この選手に注目! 〜 本橋菜子

東京羽田ヴィッキーズ初の日本代表に選ばれた本橋菜子。当初は戸惑いながらも、
6月のデビュー戦でチームトップの12アシストを決めるなど、持ち味を活かしたプレーで存在感を示した。

そんな彼女のチャレンジスピリッツと、代表戦で見えてきた新たな目標について語ってもらった。

試合中の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

夢の大舞台を勝利で飾った、世界デビュー戦

日本代表に呼ばれたとき、第一の感想は「まさか自分が⁉︎」だったという本橋。だが、すぐに「こんなチャンスは2度とない。せっかくならひとつでも多くのことを経験して、自分の成長に繋げよう!」と思い直した。

2018年6月8日に行われたチャイニーズ・タイペイとの国際強化試合では、“チームの司令塔”ともいわれるポイントガードとして活躍。初めての代表、初めての世界戦という、何もかもが初めて尽くしのデビュー戦にも関わらず、本橋はチーム最多の12アシストと、“世界の本橋、ここにあり”を印象付けた。

当時を振り返って本橋は、「最初は緊張していたのですが、ここまで来たら、やるしかない!と思い切ってやりました。体格の大きな選手と戦っても、自分はスピードで抜いていけると自信が付きました」と、笑顔を見せる。

本橋は身長164センチと、日本人選手の中でも小柄だ。ましてや世界の長身の選手と並ぶと、体格的に不利と言わざるを得ない。しかし、誰にも負けないスピードとフットワークが本橋にはある。

代表戦で見えてきた自身の課題

デビュー戦を華々しく勝利で飾り、最高の滑り出しを果たした本橋だが、その一方で、新たに見えてきた課題もある。

「私はドライブが得意なのですが、ドライブをしようと意識すると動きが止まってしまい、周囲の選手を活かすプレーが弱くなる部分があります。また、体の大きな選手をスピードで抜いても、後ろからブロックされてしまう場面が世界戦ではありました。そこで今、ドライブ・フィニッシュ*の技術を集中的に磨いています。」

この半年間、さまざまな相手やシチュエーションを想定して、ドライブ・フィニッシュの技を高めてきた。たとえば、ドライブでゴール下まで攻め込み、相手のディフェンスをかわして、バックシュートで決めるなどの動きを、体が覚えるまで叩き込む。この日の試合形式の練習の中でも、何度かドライブ・フィニッシュを決める本橋の姿があった。

ゴールを決める瞬間の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

ヴィッキーズのキャプテンとしての意識にも変化

代表チームで戦ったことで、ヴィッキーズのキャプテンとしての意識にも変化があった。

「チームとしてレベルアップしていくためには、あえて厳しい環境を作っていかなくてはならないのだと学びました。これまではヴィッキーズで何か気になることがあっても、“まあ、このくらい、いいか”と見過ごすことがありましたが、今はどんな小さなことも、きちんと伝えるようにしています」

チャレンジする課題があるってワクワクする!

「これまでは与えられた環境でできることをやればいいと思っていた」という本橋。だが、ここに来て向上心が芽生えてきたと話す。

「もっともっと先を見つめて、バスケだけでなく、人間としても成長していきたいですね。バスケでの目標は、やはり2020年の東京オリンピック出場です。夢が叶うように、できる努力は全部していきたいと思っています」

最後に、「本橋菜子にとってチャレンジとは」との問いを投げかけてみた。しばらく考えた後、彼女から出てきた答えは「ワクワクするもの」だった。「もっと上手くなりたい、もっと成長したいと思って前進していけるのって、ワクワクしませんか? まだまだ自分にはやるべきことがあるって、楽しいですよね!」

代表チームのメンバーの中でもまれることで、より逞しくなった本橋。世界での活躍はこれからが本番だ。

「失敗も楽しむつもりで、これからも頑張ります。自分自身どこまで大きく羽ばたけるか、楽しみです!」

interview:2018.10
東京羽田ヴィッキーズ女性選手のプロフィール画像
本橋菜子Motohashi Nako

明星学園高、早稲田大を経て、2016年、東京羽田ヴィッキーズに入団。明星学園高ではインターハイ3位に、早稲田大時代は2014年インカレ優勝(優秀選手賞、アシスト王)に貢献。東京羽田ヴィッキーズでは、2年目からキャプテンを任され、中心選手として活躍。2018バスケットW杯日本代表。

SPORTS アスリートの挑戦も私たちの夢。 平松飛鳥 選手

挑戦者たち この選手に注目! 〜 平松飛鳥

東京羽田ヴィッキーズに入団して2年目の平松飛鳥選手。ドライブとスリーポイントシュートを得意とし、
チームのムードメーカーとしても活躍していた矢先、思わぬアクシデントにみまわれた。
復帰に向けて懸命にリハビリに励む平松選手に、現在の心境を語ってもらった。

試合中の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

生まれて初めて手術が必要な大ケガを経験。

そのアクシデントが起きたのは、2018年7月中旬のサマーキャンプ2日目、富士通戦。診断名は左アキレス腱断裂、復帰までの見込みは未定という、アスリートにとってはショッキングなケガだった。
「あぁ、やっちゃったな、という感じ(笑)。やってしまったものは仕方ないですから」と、当時を振り返り、明るい表情で話す平松選手だが、ケガをした直後は心中穏やかならぬものがあっただろう。
2人の姉とバスケットボールのコーチだった父に影響されて小学生からバスケを始め、明星学園高等学校から東京医療保健大学とバスケの強豪校で活躍してきた。アスリートにケガはつきものといっても、手術が必要になるような大ケガは初めての経験だった。
「正直思うところはありますが、切り替えは早いほうなので大丈夫。プレーと同じです。ミスをして落ち込むと次のプレーに影響するので、常に切り替えは早くを心がけているんです」

今できることをやるしかない!

リハビリは順調に進み、現在はジョギングの許可が出て、徐々に走力を上げる段階にきている。
「今のところ停滞期がなくて、毎週リハビリに行くたびにできることが一つずつ増えるので、それがモチベーションになっています。あと、チームメイトにできるようになったことを報告すると、すごく皆が喜んでくれるのも励みになります」
そうは言っても、戦列を離れて約4カ月。試合でチームメイトが戦っている姿を見ると、まったく焦りがないとは言いきれない。それでも今は、プラス思考で自分にできることをやるしかないと前を向く。
「練習ではボール拾いをしたり、試合ではベンチで盛り上げたり、気付いたことをアドバイスしたり。試合でチームメイトがいいプレーをしてくれると嬉しいです」

ゴールを決める瞬間の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

厳しいことも言えるようになりたい。

外からチームを見ると、勉強になることも多い。選手生活において、ケガは決してマイナスばかりではなく、本人の努力次第でプラスに変えることもできる。改めて現時点での平松選手の課題を尋ねてみた。
「課題だらけです(笑)。いちばんは、厳しいことも言えるようになりたい。後輩には言えるんですけど、プロなので先輩にも言えないと…。もちろん励ますことも大事だけど、勝つためには気付いたときに厳しいことも言わないといけないと思っています」
入団2年目にして、自分のプレーだけでなく、チーム全体にも目を向けられるようになった平松選手。チームについては「一言でいえば、若いチーム。若さならではの勢いを活かせば、個人もチームもまだまだ伸びしろがあります。今大切なのは、1試合毎に少しずつでも成長していくことです」と分析する。

辛いリハビリから逃げないことがチャレンジ。

バスケ人生において良かったことは「年齢に関係なくバスケが好きな人や仲間、応援してくれる人たちに出会えて、今でも繋がりがあることです」と、笑顔を見せる平松選手。苦しい時期だからこそ、なおさら人との繋がりの大切さを実感しているのだろう。
平松選手にとっては、今の状況がまさにこのインタビューのタイトルである“チャレンジ”だ。
「入院も手術も長期リハビリも、すべてが初めてのことです。リハビリはまだ続くし、今は順調ですがこれから大変なこともあるかもしれません。でも、最終的には完璧に治して、ケガをする前よりもパワーアップした姿でコートに立ちたい。そして、お世話になった人たちに勇気や感動を与えられるようなプレーをお見せしたいです。そのためには、辛いリハビリから逃げるのではなく、どんどんチャレンジしていきたいと思います」
インタビュー時、髪の毛を明るいグリーンに染めた平松選手。「試合に出られない分、ベンチでちょっとでも目立とうと思って」と笑う。
早ければ2019年2月の試合で、一回り大きくなった姿が見られるかもしれない。

interview:2018.11
東京羽田ヴィッキーズ女性選手のプロフィール画像
平松飛鳥Hiramatsu Asuka

明星学園高、東京医療保健大を経て、2017年、東京羽田ヴィッキーズに入団。明星学園高ではインターハイベスト4に、東京医療保健大時代は全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)準優勝に輝く。2018-19シーズンは開幕前のサマーキャンプで左アキレス腱断裂の大きなケガにみまわれ、治療とリハビリに専念。来季のいちはやい復帰が待たれている。

SPORTS アスリートの挑戦も私たちの夢。 小山真実 選手

挑戦者たち この選手に注目! 〜 小山真実

高校時代はインターハイ国体準優勝、ウインターカップ3位など輝かしい成績を収め、
Wリーグの強豪JX-ENEOSサンフラワーズへ。しかし、3年間ケガと闘い続け、心機一転、東京羽田ヴィッキーズへ移籍。
スリーポイントシュートを武器に活躍する小山選手の挑戦とは…。

試合中の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

全国トップクラスの選手に成長し強豪チームへ。

すらりと伸びた長い手足にクールな表情、ストイックな佇まいが印象的な小山選手。バスケットボールを始めたのは、お姉さんがバスケを習っていた影響で、小学4年生のときに地元のバスケットボールチームに加入したことがきっかけだった。
「バスケを始めるまでは、3歳の頃からクラシックバレエを習っていました。幼稚園の頃はバレエが大好きだったのですが、小学生になると体が硬くてこれは向いていないなと。走ることが好きだったので、バスケを選びました。当時から背は高かったです。母はバレエを続けてほしかったみたいですけど(笑)」
バスケを選択したのは正解だった。加曽利中学時代は、千葉市新人戦優勝・千葉市市民総体優勝・千葉市総体優勝、県体出場・千葉市選抜選手、優秀選手賞・千葉県強化選手。そして、バスケの名門校である昭和学院高等学校時代は2012年インターハイ3位、全国選抜大会3位、2013年インターハイ準優勝、国体準優勝、全国選抜大会4位、大会得点王・大会ベスト5。全国トップクラスの選手に成長した小山選手は、Wリーグの強豪JX-ENEOSサンフラワーズに入団することに。

バスケットボールの技術と人間性が磨かれた高校時代。

小山選手の代名詞といえば、入り始めたら止まらないスリーポイントシュートだ。
「得意なプレーはスリーポイントシュートです。小学校では背が高かったのでセンター、中学ではオールラウンダー、高校1年と2年はセンター、3年にフォワードとしてスリーポイントシュートを打つようになりました」
昭和学院時代は、楽しいこともあったが辛いことのほうが多かったという。普通の中学からバスケの名門校へ。いくら中学での実績があったとはいえ、他の部員たちも全国レベル。高校1年生の間は勉強と部活動の両立に苦労し、部活では怒られてばかりだった。
しかし、この高校3年間で学んだ、バスケの技術や生活面のさまざまなことは、現在の小山選手を形作る土台となっている。辛い3年間の支えになったのは、早朝からお弁当を作ってくれた両親、厳しくも愛情ある指導で育ててくれた監督、そして苦しい練習を一緒に乗り越えてきた仲間たちだった。

ゴールを決める瞬間の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

ケガを乗り越え、新天地での活躍を誓う。

JX-ENEOSサンフラワーズでの3年間はケガとの闘いだった。
「ヒザを3回手術しました。1回目は高校3年のウインターカップのとき。左ヒザの前十字靭帯の断裂で手術をし、サンフラワーズ入団1年目はいきなりリハビリの日々でした。その後また同じ個所を断裂し、さらに半月板を損傷して、結局3年間ケガで終わってしまいました」
これだけケガを繰り返すと、普通は心が折れても仕方ない状況だが、小山選手は決して諦めなかった。
「当時、同期が3人いて、彼女たちに負けたくないという気持ちと一緒にプレーしたいという思いでリハビリに励んでいました。それから、私はまだ若いので、ここで辞めたら何も残らないと思って頑張りました」
しかし、日本代表選手が多く在籍するサンフラワーズで、3年のブランクを跳ね除けてレギュラーをつかみ取るのは難しい。そこで心機一転、東京羽田ヴィッキーズへの移籍を決意した。

今はとにかく試合に出ることが挑戦!

「2018年10月、3人制バスケのU-23ワールドカップ、女子日本代表に選ばれた小山選手。チームはファイナルに進出し、準優勝と躍進した。日本代表が目標の小山選手にとって、3人制とはいえ代表に選ばれたことは大きな自信になった。
「今は限られた時間でどれだけ結果が残せるか。できるだけいいプレーをして、試合に出してもらえるよう頑張っているところです。少しの時間でも、得意のスリーポイントを決めて、チームの勝利に貢献したいです」
課題もしっかりと見極めている。
「ケガをしてから接触プレーが苦手になってしまいました。ぶつかりながらドライブで抜く、みたいなプレーもできるようにならないと」
小山選手にとっての挑戦は、毎回試合に出ること。そして、その先には日本代表を見据えている。

interview:2018.11
東京羽田ヴィッキーズ女性選手のプロフィール画像
小山真実Koyama Mami

昭和学院高ではインターハイ・国体準優勝はじめ数々の栄冠を手中に。2014年、JX-ENEOSサンフラワーズに入団するも、ケガに泣かされ、2017年、東京羽田ヴィッキーズに移籍。2018年には「FIBA 3×3 U23ワールドカップ2018」で日本代表に選出。見事、準優勝に輝き、復活を印象づけた。来季のヴィッキーズ躍進の鍵を握る、期待のプレーヤー。

SPORTS アスリートの挑戦も私たちの夢。津村ゆり子 選手

挑戦者たち この選手に注目! 〜 津村ゆり子

学生NO.1プレーヤーといわれ、ルーキーながらもチームの中心メンバーとして活躍する津村ゆり子選手。
東京医療保健大学ではインカレを制し、MVPに輝いた逸材も、高校時代は無名の選手だった。
そんな彼女がいかにして成長したのか、そのチャレンジスピリットを伺った。

試合中の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

インカレ優勝を目指し、チャレンジし続けた大学時代。

3つ上のお姉さんと一緒に、小学3年生からバスケットボールを始めたという津村選手。それ以来バスケットボール一筋で現在に至る。バスケットボールの魅力を聞くと、「見ている人は楽しいだろうなって思います。得点がどんどん入るし、速い展開とか。やっているほうはキツイですけど」と笑う。
バスケットボールの名門校である昌平高校出身だが、強いのは男子の話。津村選手の高校時代は、全国に行くこともなく県大会ベスト8がやっとだった。もっと上を目指して挑戦したいと思い、東京医療保健大学へ。チームの目標は当然のことながら日本一。最初は実感が湧かず、チームメイトの強い気持ちについていけないと思ったという。
それでもチームメイトと一緒に日本一を目指し、3年生のときは準優勝、4年生で優勝し、MVPも獲得。さらにユニバーシアード代表にも選ばれ、まさにチャレンジし続けた大学時代だった。
「当時は、あまり先のことは考えていませんでした。プロになりたいと思い始めたのは大学3年生の終わりくらいです。でも、実際にプロになれるとは思っていませんでした」

スピードを武器に、いきなりレギュラーへ。

津村選手が東京羽田ヴィッキーズを選んだ理由は、チームの目標である速いバスケットボールが自分のプレースタイルと合っていると感じたからだ。また、大学の先輩である平松飛鳥選手が在籍しているのも心強かった。
津村選手のプレーの特徴は、走り回ってリングを果敢に狙い、アウトサイドからのシュート力。
「私はスピードが武器なので、中に切り込んでいくドライブというプレーが得意です。このプレースタイルは高校のころから。これは武器になると思うようになり、それ以来このプレースタイルに磨きをかけています」
今シーズン、東京羽田ヴィッキーズに加入した津村選手は、ルーキーながらスピードを武器に、リーグ開幕戦から主力の一人として出場し続けている。
「チームの目標はベスト4。私の持ち味は得点を取ることなのに、今のところはチームに貢献できていなくて申し訳ないです。もう少し得点が取れたらいいのですが…。まだまだですね」

ゴールを決める瞬間の東京羽田ヴィッキーズ女性選手

日本代表になって、オリンピックに出たい!

チームワークのよさも、東京羽田ヴィッキーズの特徴だと語る津村選手。
「キャプテンの本橋選手のキャプテンシーによるところが大きいです。とくに日本代表に選ばれて、代表戦を経験してチームに戻ってきてから、キャプテンの雰囲気が変わった気がします。細かいところまで見て、小さいことでもきちんと指摘してくれるようになりました。日本代表って、やっぱり凄いですね」
2020年には東京オリンピックがある。アスリートであれば、誰もが日本代表になってオリンピックで活躍したいと思うもの。その舞台が東京となれば、ますますモチベーションが上がる。津村選手の目標も、日本代表になってオリンピックに出ること。そのための課題も現在模索中だ。
「課題は、体力面にあるのか、技術面にあるのか、精神面にあるのか、まだよくわかりません。でも、メンタルはすごくプレーに影響すると思います。最初のプレーでミスから入ると、気持ちが落ち込むわけではないのですが、ミスをしたらいけないというプレッシャーがかかり、次のプレーに影響が出ることがあります。一発目のプレーでシュートを決めると、その後のプレーもよくなります」

プロ1年目はチャレンジの連続。

プロ1年目は、さまざまな壁にぶつかることもあるだろう。しかし、それを乗り越えていくことで強くなれるし、目標である日本代表にも近づいていけるはず。まさにチャレンジの連続だ。
「学生とのいちばんの違いは、ファンの人たちがいること。家族でもない、OGでもない人たちが、私たちを応援してくれるというのは、モチベーションにもなるし、不甲斐ないことはできないというプレッシャーにもなります。このプレッシャーは、いいプレッシャーだと思います。チームにもよりますが、私の大学では先生たちが細かく指示をしてくれました。今は全部自分でやらないといけないので、結構大変です(笑)」
最後に、バスケットボールをしていて良かったことを聞くと「バスケを通して、周りの人たちに感謝できること。そして、知らない人たちに感動を与えられることです」と笑顔で答えてくれた。

interview:2018.11
東京羽田ヴィッキーズ女性選手のプロフィール画像
津村ゆり子Tsumura Yuriko

東京医療保健大時代の2017年には全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)優勝の原動力となり、同時にMVPを受賞。また、女子ユニバーシアード日本代表チームを準優勝へと導く。期待のルーキーとして、2018年、東京羽田ヴィッキーズに入団。スピードのあるプレイで相手を圧倒し、1年目から主力メンバーとして活躍中。