ニュース & メディア

Spiber社のタイ工場にポンプを納入

2021年4月27日

納入したGSO型ポンプとタイ工場に据付されたポンプ

 荏原製作所(以下:荏原)は、2021年3月末に開所式が行われたSpiber株式会社(以下:Spiber社)のタイ現地法人、Spiber (Thailand) Ltd.(以下:Spiberタイ工場)に、当社の産業プロセス向けポンプ(GSO型ポンプ)などを納入しました。

1. 背景
 当社は、持続可能な次世代の基幹材料として期待される構造タンパク質素材の量産技術の確立に成功したSpiber社に出資し、業務提携基本契約を締結しています。このたび、構造タンパク質素材の量産に向けて設立された同社のタイ工場に当社のポンプを提案し、製品の高効率性や一貫したサポート体制などが評価され、納入の運びとなりました。

2. 概要
 今回納入したGSO型ポンプは、主に中国、東南アジア市場を中心に展開する産業プロセス向けポンプです。化学をはじめ一般産業で求められる国際規格ISO2858及びISO5199にも準拠しており、高効率を誇るグローバル基幹製品として販売拡大を目指しています。GSO型ポンプ複数台のほか、冷却水ポンプ、消火ポンプ、給水ユニットも納入しました。

3. 今後の展開
 当社は、Spiber社との協業を通じて、構造タンパク質素材の量産を目指した製造プロセスの効率化とともに、荏原グループ製品の代替素材・添加材として構造タンパク質素材の活用などを目指しています。当社の長期ビジョン「E-Vision2030」で描く持続可能な社会の実現に向け、産業機械製品の分野での画期的な素材の開発において同社との連携を深めてまいります。

荏原グループは、長期ビジョンと中期経営計画に基づいてESG重要課題に取り組むことで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指し、企業価値のさらなる向上を図っていきます。