株主・投資家情報

社長メッセージ

代表執行役社長
浅見 正男

 はじめに、荏原グループを代表して、新型コロナウイルスによる感染症で亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、くらしを営む上で欠かせない業務に従事している世界中のエッセンシャルワーカーの方々に感謝いたします。

 当社は、世界中で必要不可欠な社会インフラを提供し、産業とくらしを支えていると自認しています。私たちもその社会的責務を果たすべく、従業員をはじめ、ステークホルダーの安全を第一にしながら事業を継続してまいります。

長期ビジョン「E-Vision2030」と中期経営計画「E-Plan2022」

 荏原グループは、1912年にポンプメーカーとして創業して以来、世界中で生活や産業に必要な製品・サービスを提供し続け、社会や地球環境の維持、改善に貢献してきました。

 近年、事業環境が見通しにくい中、当社が今後100年も更なる成長をし続けるためには、短中期を超えた将来のありたい姿の明確化と、その実現を目指した方針と戦略が不可欠と考え、2020年2月に10年後の長期ビジョン「E-Vision2030」を発表しました。

 長期ビジョンは「技術で、熱く、世界を支える」 をスローガンとし、「今後10年間、ESG経営やSDGsへの寄与を通じて持続的に社会に貢献し、社会・環境価値と経済価値を同時に向上させていくことで企業価値向上をさせ、グローバルエクセレントカンパニーを目指す」ものです。
 そして、各事業が10年先を見据えたありたい姿「E-Vision2030」からバックキャストし、新しい中期経営計画「E-Plan2022」を策定しました。

 長期ビジョン「E-Vision2030」と中期経営計画「E-Plan2022」の詳細については、以下の資料をご参照ください。
長期ビジョン及び中期経営計画策定のお知らせ
長期ビジョン「E-Vision2030」中期経営計画「E-Plan2022」説明会資料

中期経営計画「E-Plan2022」1年目の進捗

 E-Plan2022の1年目は、新型コロナウイルス感染症の影響により各国の経済成長がマイナスになるなど、計画当初は想定していなかった事態が発生しましたが、各事業でE-Plan2022に沿った施策を実施した結果、順調な滑り出しができたと捉えています。最重要指標であるROICは6.6%、売上高営業利益率は7.2%と、当初計画及び前年を上回る結果となりました。

 2021年以降は景気の回復を見込んでいます。E-Plan2022の目標達成に向けて、引き続き各分野の施策を進めてまいります。

 株主還元については、2020年の1株当たりの年間配当金を期初計画の60円から90円に増配しました。2021年についても、10円増配の100円を予定しています。E-Plan2022期間中は「連結配当性向35%以上」を目標に掲げ、今後も業績に連動した配当を実施してまいります。

 E-Vision2030の最初のステージであるE-Plan2022も2年目に入り、引き続き「更なる成長に向けた筋肉質化」をテーマに各施策を着実に進め、次の成長のステージへつなげていきます。VUCA*と言われる経営環境は、新型コロナウイルス感染症によりさらに不透明さを増していますが、長期的かつグローバルにマーケットインの視点を持って機会とリスクを捉え、技術で、熱く、世界を支えていきます。

* Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った、社会やビジネスにおいて将来の予測が困難になっている状態を示す言葉

2021年4月